• ログインページ
  • カートを見る
asoboze トップページ
  • asoboze ブログ
  • asoboze ツイッター
  • asoboze フェイスブック
  • asobozeインスタグラム

■臨時メンテナンスのお知らせ:5/21(火)AM0:00〜AM9:00 ⇒詳しくはこちら

トップページ > ビジネスバッグや革製品の情報コンテンツ > 牛革について

♯07 牛革について

そもそも牛革とは?

皮と革。どう違う?

皮と革

皮とは動物の皮膚・原皮のことで、加工する前のもの

指します。

革とは、皮のままでは腐敗してしまうのでそうならないよう

鞣(なめ)し、カバンや財布などのパーツに使用できる

ものを指します。

牛革カバンの原皮は肉牛?乳牛?オス?メス?

皮革

カバンに最も適している革は乳牛の去勢されたオスです。

(※厳密には生後6ケ月のカーフや生後1年のキップがより

上質な革なのですが、希少なためここでは除きます)

 

日本国内で作られている革のうち、70%が兵庫県姫路周辺で

作られています。

まず、皮革で大切なことは、牛は主として肉、乳の食用で

あるため、皮革は副産物であるということです。

よって革を使用するということは、それ自体がエコである

ことになります。

 

牛は大きく4種類に分かれ、肉牛のオス、メス、乳牛の

オス、メスがあります。

ではなぜ、乳牛の去勢されたオスの革がカバン製作に最も

適しているのでしょうか?

 

乳牛のオスは乳が出ないので、肉はミンチ肉にされるため

生後2年で屠殺(とさつ)されます。

種牛を除き生後半年で去勢されるので、気性が荒くないため

表皮のキズも少なく、皮が若いためキメが細かく、とても

状態の良い皮になります。

 

乳牛のメスについては乳の出なくなる生後6年で屠殺される

ので、その頃にはヨボヨボの皮になっており、カバンを作る

には状態の良い皮ではありません。

 

肉牛のオス・メスについては生後2年で成牛となり、

それからおいしい霜降りの牛肉にするために太らせる餌に

変わり、生後3〜4年で屠殺(とさつ)されるので、ブヨブヨ

に太ったその皮もとても状態の良い皮ではないのです。

 

原皮は国内の牛、北米の牛、どちらがよい皮?

北米乳牛

 

北米乳牛

原皮は北米の牛のものが、よい皮となります。

なぜ、国内よりも北米の皮がよいのでしょうか?

 

それは、北米の牧場はとても広く、1オーナーの管理下で

牛を育てているため、品質が一定で安定しているからです。

毎回同質の皮を仕入れることが出来ます。

また、北米では穀物の粉を主食とさせているため、原皮の

繊維質が柔らかくてしなやか、そして厚みもあります。

 

それに対し、日本の牧場は北米に比べて極端に小さく、

1つ1つの牧場でオーナーが異なり、管理によって牛の質が

異なり、原皮の状態が安定しないのです。

「前の皮がよかったから同じものを」と希望しても、同じ

オーナーから同質の皮を供給されるのは難しいのです。

 

また、国内は牧草を主食とさせているため、原皮は繊維質が

硬く、薄くなります。

 

同じ牛皮でも、肉牛、乳牛、オス、メスによって皮質は全く

異なり、皮の値段は大きく異なります。

 

原皮はそのままでは腐敗してしまうので、最も悪い状態の

ものは0円で取引されるものもあります。

しかしそんな皮を使ってカバンを作ってしまっては、とても

残念な製品が出来上がってしまいます。

 

皮革製造においてもっとも重要なことは、良い原皮を仕入れ

ることなのです。

 

北米乳牛
現在登録されている商品はありません






レディースフォーマル
クリアランスセール
asobozeについてお買い物ガイドラッピングについてお手入れについて
instagram