いっしょにちがおうプロジェクト「笑」

第二弾のテーマは、私たちになじみの深い「笑」という言葉。誰しも思い出や記憶の中には笑ったエピソードがあり、人の表情の数だけ「笑」があります。そんな大切な感情のひとつについて、私たちは改めて考えることにしました。



「笑」について

私たちは一生のうち、何回笑っているのでしょう?一言で「笑」と言っても、大笑い、苦笑い、泣き笑い、思い出し笑い、笑顔、、、様々な「笑」があります。人は誰かと笑顔を通わせながら生きていく方が遥かに素敵な人生になる。そんな感情を引き出せる商品があったら素晴らしいではないかと思うのです。笑顔ってデザインできるものなのでしょうか?



「笑」について

私たちは一生のうち、何回笑っているのでしょう?一言で「笑」と言っても、大笑い、苦笑い、泣き笑い、思い出し笑い、笑顔、、、様々な「笑」があります。人は誰かと笑顔を通わせながら生きていく方が遥かに素敵な人生になる。そんな感情を引き出せる商品があったら素晴らしいではないかと思うのです。笑顔ってデザインできるものなのでしょうか?

常識とズレ

まず私たちは前回と同様に、他のブランドのスタッフといっしょにリサーチを始めました。最近笑った話、過去の面白かった出来事を発表し合ったり、「笑」に関する様々な本を読んだりしながら、著名人の考えや歴史を探りました。その中で、例えばカッチリ真面目な校長先生が壇上から転げ落ちると笑いが起きたり、突きつけられたナイフが実はおもちゃのナイフで、張りつめた気持ちが一気に緩んだりなど、自分が「こうだ」と思い込んでいる事に、思わぬズレが生じると、表情が緩んでしまう(※1)という発見がありました。これを「常識とズレ」と呼び、商品開発がスタートしました。
※1~3:サイバール社内でのリサーチに基づく内容です。

それでは具体的にどういった過程でasobozeの「笑」の商品が生まれてきたのか。ブランドマネージャーに社内スタッフがインタビューいたしました。



-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を開発されたのでしょうか?

こんにちは、マネージャーの浜端です。仕事柄、名刺交換が多いけれどもなかなか覚えてもらえない、そんな悩みを解決してくれる新商品が「THE CARD JACKET」 です。 いつもの名刺をワンラックアップして、受け取る相手の記憶に残る名刺交換を実現できるアイテムです。

-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を開発されたのでしょうか?

こんにちは、マネージャーの浜端です。仕事柄、名刺交換が多いけれどもなかなか覚えてもらえない、そんな悩みを解決してくれる新商品が「THE CARD JACKET」 です。 いつもの名刺をワンラックアップして、受け取る相手の記憶に残る名刺交換を実現できるアイテムです。

-THE CARD JACKETですか。名刺入れのようでもありますが、一体どんな物なのですか?

商品名の通り名刺にジャケットを着せるように装着するケースで、普段お使いの名刺と組み合わせて使用します。 この商品の最大の特徴は、“ケースごとそのまま相手に渡す”ところと、受け取った人も予備の名刺入れ、いわゆる“セカンド名刺入れ”としてお使いいただけるところです。ありそうで無かった、もらった人のことも考えられているアイテムです。



-なるほど。ちなみに、どういった経緯で開発することが決まったのでしょうか?

日ごろ何気なく行っている名刺交換の中で相手の記憶に残ることは難しく、なかなか顔を覚えてもらえないものです。でも、「名刺ケースごと相手に渡す」という想定しない出来事が起きれば相手の印象に残り、面白いのでは?そこからプロジェクトがスタートしました。

-なるほど。ちなみに、どういった経緯で開発することが決まったのでしょうか?

日ごろ何気なく行っている名刺交換の中で相手の記憶に残ることは難しく、なかなか顔を覚えてもらえないものです。でも、「名刺ケースごと相手に渡す」という想定しない出来事が起きれば相手の印象に残り、面白いのでは?そこからプロジェクトがスタートしました。。

-特に難しかった点などあればお聞かせください。

名刺を渡す人と受け取る人、両方が機能的に使えるような商品を考えておりましたので、素材のチョイスと形状については試行錯誤を繰り返しました。 そこで最終的に選んだ素材はクロコダイルの皮革をイメージしてエンボスをほどこした「紙」
独特の質感と手触りは、紙でありながらも格調高い仕上がりとなっております。 また、控えめながら主役である名刺をしっかりと引き立てるために、紙の厚みと糊付け部分の精密さにもこだわりました。




-THE CARD JACKETいう商品名も特徴的ですね、どのように決まったのでしょうか。

まるで洋服を選ぶような感覚でシーンに合わせて“名刺にジャケットを着せる” ここから、「THE CARD JACKET」とネーミングいたしました。 自分が使うときにはお好みのものを、人に渡す時にはTPOに合わせるなど、 楽しみながら選んでもらえれば嬉しいです。

-THE CARD JACKETいう商品名も特徴的ですね、どのように決まったのでしょうか。

まるで洋服を選ぶような感覚でシーンに合わせて“名刺にジャケットを着せる” ここから、「THE CARD JACKET」とネーミングいたしました。 自分が使うときにはお好みのものを、人に渡す時にはTPOに合わせるなど、 楽しみながら選んでもらえれば嬉しいです。



-社内での反応はいかがしょうか?

取引先との商談の際に是非使ってみたいという声や、名刺入れを忘れた際に備えて、早速お財布に入れているスタッフもいます。アイデア次第で使い方がいろいろ広がる商品ですので、活用術をまた紹介していきたいですね。 「THE CARD JACKET」が新たなコミュニケーションの一助となり、その後のビジネスお役に立てれば幸いです。





-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!





-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!

「笑」のプロダクトシリーズ

ここまでは「THE CARD JACKET」のご紹介をしてきましたが、その他の4つのブランドではどんな商品ができあがったのかを簡単にご覧頂きましょう。



「笑」って素敵な言葉。

誰かを笑顔にしたい、クスッと笑ってほしいと思いながら何かを作るのは、とても楽しく幸せです。5つのブランドは、それぞれの視点から、個性豊かな「笑」の商品を生み出しました。この中に、あなたを笑顔にできる商品があれば嬉しいです。また商品を通じて「笑」について、少し考えてみる機会にもなればいいなと思います。さて、次回の「いっしょにちがおうプロジェクト」はどんなテーマになるでしょうか?是非楽しみにお待ちください。では、あなたの今日が「笑」に満ちた一日でありますように。