{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
電話お問い合わせ 072-493-3250 (平日 10:00〜17:00)






いっしょにちがおうプロジェクト「食」

第一弾のテーマとして、皆で話し会った末に掲げたのは「食」という言葉。私たちの生活に欠かせないものであり、楽しみのひとつでもあります。そんな身近なことについて改めて考え始めました。



「食」について

あなたは、昨日の夕飯は何を食べましたか?少し記憶を辿ってみてください。いつどんな場所で、どんな人と、どんな食事をしたか。日本だけを見渡しても1日でおよそ3億6千万通りの食の時間が発生しています。(※1)生活にすっかり溶け込んでいる食の時間、意識してみるといったいどんな事が見えてくるでしょうか。



「食」について

あなたは、昨日の夕飯は何を食べましたか?少し記憶を辿ってみてください。いつどんな場所で、どんな人と、どんな食事をしたか。日本だけを見渡しても1日でおよそ3億6千万通りの食の時間が発生しています。(※1)生活にすっかり溶け込んでいる食の時間、意識してみるといったいどんな事が見えてくるでしょうか。

食べ方と感覚

まず私たちは、他のブランドのスタッフといっしょに、「食」についての印象や連想、エピソードなど、それにまつわる経験談を話し合ったり、関係する書籍を集めてみたり、歴史なども掘り下げながらリサーチを進めていきました。そうすると、日本には「ふわふわ」や「シャリシャリ」などを表す”食感表現”が445語もあり、その数は世界で最も多いこと(※2)や、手で食べるという所作には、食べ物の熱を冷ましたり、触覚でも料理を楽しんでいること(※3)などが分かりました。これらはごく一部ですが、数々の「食べ方と感覚」にまつわる発見を基に、商品開発がスタートしました。
※1~3:サイバール社内でのリサーチに基づく内容です。

それでは具体的にどういった過程でasobozeの「食」の商品が生まれてきたのか。ブランドマネージャーに社内スタッフがインタビューいたしました。



-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を開発されたのでしょうか?

こんにちは、マネージャーの浜端です。asobozeではライフスタイルの「食」というテーマの中で「コンビニでのお買物」に特化したエコバッグ「Regile(レジル)」を作りました。

-こんにちは。社内スタッフの中野です。今回のプロジェクトでは、どんな商品を開発されたのでしょうか?

こんにちは、マネージャーの浜端です。asobozeではライフスタイルの「食」というテーマの中で「コンビニでのお買物」に特化したエコバッグ「Regile(レジル)」を作りました。

-最近では、レジ袋が有料化になるといったニュースも耳にしますね。こちらはどういった使い方をされるのでしょうか?

コンビニの買い物では、「レジ袋はご入用ですか?」と店員さんからの声かけは基本はありません。Regileはレジで「袋はいりません。」と伝え、商品をそのままバッグに詰める。基本的にはその他のエコバッグと同じ使い方なのですが、コンビニのレジ袋と同じ形状にデザインされていますので、形や持った感じなどはコンビニのレジ袋と同じ、でも見え方やスタイルはちょっと違う。レジ袋でありレジ袋でないというユニークなスタイルの使い方ができる商品となっています。



-なるほど。ちなみに、どういった経緯で開発することが決まったのでしょうか?

スーパーではエコバッグを持参する女性が増えておりますが、コンビニへの持参はまだ浸透しておりません。そんな中、スーパーよりコンビニで買物をすることが多い方に向けて、レジ袋のように軽く、装飾も出来るだけ省いたもの、サイズを持て余すことなく使えるものが提案できればいいな!そこからプロジェクトがスタートしました。

-なるほど。ちなみに、どういった経緯で開発することが決まったのでしょうか?

スーパーではエコバッグを持参する女性が増えておりますが、コンビニへの持参はまだ浸透しておりません。そんな中、スーパーよりコンビニで買物をすることが多い方に向けて、レジ袋のように軽く、装飾も出来るだけ省いたもの、サイズを持て余すことなく使えるものが提案できればいいな!そこからプロジェクトがスタートしました。





-特に難しかった点などあればお聞かせください。

とても悩んだ部分は「生地選び」です。耐久性だけでなく、持ち運ぶ時には簡単に小さくできるように、薄さや、透け感にもこだわったので、合皮やナイロンなど沢山の生地で試作を行いました。




-Regileという商品名も特徴的だと思いますがどのように決まったのでしょうか。

紙袋に入ったフランスパンってオシャレに見えたり、どことなく美味しそうに見えますよね。そんな“人の五感を刺激するシズル感”を普段の何気ないコンビニのお買物でも感じて欲しい。シズルのあるレジバッグ→「Regile(レジル)」と名づけました。

-Regileという商品名も特徴的だと思いますがどのように決まったのでしょうか。

紙袋に入ったフランスパンってオシャレに見えたり、どことなく美味しそうに見えますよね。そんな“人の五感を刺激するシズル感”を普段の何気ないコンビニのお買物でも感じて欲しい。シズルのあるレジバッグ→「Regile(レジル)」と名づけました。



-社内での反応はいかがしょうか?

お昼休憩にコンビニに行くスタッフも多く、率直に「コンビニで使いたい!」という声が多く集まりました。男性スタッフからはシンプルな雰囲気とスリムさが好評で、カバンや車に入れておきたい、これをきっかけに環境に配慮した事をはじめたいという声がありました。社内モニターも予定しており、リアルな感想をまたページ上でご紹介していきますので、ぜひご覧ください。





-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!





-楽しみですね!本日はありがとうございました。

ありがとうございました!

「食」のプロダクトシリーズ

ここまでは「Regile」のご紹介をしてきましたが、その他の4つのブランドではどんな商品ができあがったのかを簡単にご覧頂きましょう。



「食」というシンプルな言葉。

ちょっと深掘りするだけで、5人の家族はこんなにも色とりどりの商品を生み出しました。この中から、あなたのお気に入りがひとつでも見つかってもらえたらとても嬉しいですし、他のブランドの商品と一緒に使って頂けば、より一層「食」の奥深さを体験して頂けると信じています。サイバールでは今後も「いっしょにちがおうプロジェクト」を継続することは決定しました!次回はどんなテーマになるでしょうか?是非楽しみにお待ち頂ければと思います。では、今日も楽しい食事の時間をお過ごしくださいませ。

PRODUCT GALLERY

ギャラリー

CATEGORY

カテゴリー